冬のイタリア「ひとりで滞在するフィレンツェ旅!夜の街も美しい。改めて、写真を撮ることについて」 - 「暮らすように旅したい!」 旅のあれこれ ariruariruの詳細

冬のイタリア「ひとりで滞在するフィレンツェ旅!夜の街も美しい。改めて、写真を撮ることについて」 - 「暮らすように旅したい!」 旅のあれこれ ariruariru
トラベラーズノート
ページの情報
記事タイトル 冬のイタリア「ひとりで滞在するフィレンツェ旅!夜の街も美しい。改めて、写真を撮ることについて」 - 「暮らすように旅したい!」 旅のあれこれ ariruariru
概要

2011年12月   この年の年末、急に思いたって向かったイタリア。 大好きなフィレンツェにただただ行きたくて。 自由で気ままな冬の旅をふりかえります。   目次 帰りたくない夜の街歩き 我に返るスーパー 写真を撮ること   帰りたくない夜の街歩き  …… more なかなか帰りたくない夜の街歩き。     ↓ ariruariru.hatenablog.com   でももう帰らなきゃ。 夕食の時間が迫ってくる。   今回の滞在はホテルではないので、 ステイ先の方と一緒に夕食をとる約束になっている。   ひとり旅だと、夕食のレストランには困ることが多く、 今回ホームステイという旅の形を選んだ理由の一つはそこだった。   カルツァイウォーリ通りを北上しながら、 左手を見るとレップブリカ広場に面した 「リナシェンテ」が大変なことになっている。 「リナシェンテ」はイタリアの老舗デパートだ。 イタリアのデパートは、日本のデパートとはちょっと違う印象。 「リナシェンテ」も、日本の老舗デパートのイメージよりは、 もう少し庶民的な印象かな。 上から下までこんなにキラキラ! あぁ、正面からじっくり眺めたい。 眺めたいけど、また日を改めて来よう。 そう言い聞かせて、ようやくドゥオーモ広場まで帰ってきた。 洗礼堂の金の扉が、夜は怪しく光っている。 朝はこんな感じで神々しかった。      ↓   ドゥオーモの前に立つ、巨大なツリーが美しい。 明るい時に見るよりも、存在感が増していた。 朝に見た時とはまた違う印象。      ↓   我に返るスーパー 帰り道でスーパーに寄った。 急に現実の世界に戻ったような感覚だ。 夕刻からだんだん暗くなる夜の街を歩いて、 夢か、現か、幻かの境界線をうろついていたよう。 スーパーでハッと我に返って、 必要な水などを手早く購入。 そうだ、早く帰らなきゃ。   写真を撮ること この日の夕刻からの街歩きで、 今、手元にある写真の中で気に入っているのがこちら。 アルノ川と空、建物のシルエットの写真だ。 このころは、フィルムカメラとデジカメを 2台持ちして旅をしていたのだ、まだ。 この写真は、フィルムカメラで撮ったもの。   フィルムカメラの良さと、デジカメの手軽さを どちらも捨てきれず、本来なら、 1グラムでもカバンを軽くしたい旅人なのに 2台持ちして、カバンから交互に出したり入れたり。   長い旅だと何十本にもなるカメラのフィルムを、 空港の手荷物検査のX線から守るために、 専用のケースに入れて旅に出ていたころ。   今よりも、もっともっと慎重に、大切に写真を撮っていた。   今、改めてフィルムカメラで撮影した写真を見てみると、 丁寧に撮ったことが自分で思い出されるような、 その時のカメラの手触りすらよみがえる感触がある。     暮れゆくフィレンツェの空は、 確かにこんな色だったのだ。 何色とも説明のつかない色。   そして、この写真のおかげで、 この日が、フィレンツェの冬にしては 少々湿度を感じられる日だったことを 今、思い出した。   写真を撮ることを、大事にしようと、 改めて、思う。   にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ close

冬のイタリア「ひとりで滞在するフィレンツェ旅!夜の街も美しい。改めて、写真を撮ることについて」 - 「暮らすように旅したい!」 旅のあれこれ ariruariru
サイト名 トラベラーズノート
タグ フィレンツェ
投稿日時 2021-04-07 00:31:54

「冬のイタリア「ひとりで滞在するフィレンツェ旅!夜の街も美しい。改めて、写真を撮ることについて」 - 「暮らすように旅したい!」 旅のあれこれ ariruariru」関連ページ一覧

新着記事一覧

冬のイタリア「ひとりで滞在するフィレンツェ旅!ドゥオーモを目指して歩いた後は、2種類のパスタをほおばるランチへ」 - 「暮らすように旅したい!」 旅のあれこれ ariruariru


海外旅行
2011年12月   この年の年末、急に思いたって向かったイタリア。 大好きなフィレンツェにただただ行きたくて。 自由で気ままな冬の旅をふりかえります...
海外旅行
フィレンツェ
2021-04-16 00:29:04

2001年02月 マチュピチュ・インカへの旅8/8最終章


あさとの飛行機で行く台湾・タイ・世界遺産と機内食の日記
さて翌日はクスコ近郊観光でした 当初私の計画では近郊観光は考えてなかったのですが クスコの旅行会社のほうから この日は月1度の祭りの日になって...
あさとの飛行機で行く台湾・タイ・世界遺産と機内食の日記
マチュピチュ
2021-04-14 04:26:04

冬のイタリア「ひとりで滞在するフィレンツェ旅!ふらっと出会う最後の晩餐と、フィレンツェで一番美しい広場」 - 「暮らすように旅したい!」 旅のあれこれ ariruariru


トラベラーズノート
2011年12月   この年の年末、急に思いたって向かったイタリア。 大好きなフィレンツェにただただ行きたくて。 自由で気ままな冬の旅をふりかえります...
トラベラーズノート
フィレンツェ
2021-04-14 00:29:05

2001年02月 マチュピチュ・インカへの旅7/8


あさとの飛行機で行く台湾・タイ・世界遺産と機内食の日記
さてあまり長居もできません と言っても 前日より早い時間に遺跡に上がってますので 前日よりかはかなり長時間遺跡にいました でもこの日はホテルに帰...
あさとの飛行機で行く台湾・タイ・世界遺産と機内食の日記
マチュピチュ
2021-04-12 16:26:03

2001年02月 マチュピチュ・インカへの旅6/8


あさとの飛行機で行く台湾・タイ・世界遺産と機内食の日記
私がここに1泊する計画をしていましたのは 単に高山病の恐怖からでした クスコの現地旅行会社から提示された見積もりでは クスコ滞在でここには日帰...
あさとの飛行機で行く台湾・タイ・世界遺産と機内食の日記
マチュピチュ
2021-04-12 16:06:08

2001年02月 マチュピチュ・インカへの旅5/8


あさとの飛行機で行く台湾・タイ・世界遺産と機内食の日記
段々畑を上っていきましたが 雲の中であることは変わりなく視界が開きません 何というか微妙なんですね この場所の通常の高さのところに雲の下のエ...
あさとの飛行機で行く台湾・タイ・世界遺産と機内食の日記
マチュピチュ
2021-04-12 15:46:03

2001年02月 マチュピチュ・インカへの旅4/8


あさとの飛行機で行く台湾・タイ・世界遺産と機内食の日記
翌日は1泊2日でこの時の旅のメインの観光に出かけました が その前に私に大変なことが起こりました 前の記事で標高のことをいくつも書いたと思い...
あさとの飛行機で行く台湾・タイ・世界遺産と機内食の日記
マチュピチュ
2021-04-12 15:26:03

2001年02月 マチュピチュ・インカへの旅3/8


あさとの飛行機で行く台湾・タイ・世界遺産と機内食の日記
半日観光はクスコ市内と周辺の遺跡です 集合はアルマス広場です ホテルに入る前に車で着いた場所ですね 前の記事で紹介しましたイエズス会の教会やク...
あさとの飛行機で行く台湾・タイ・世界遺産と機内食の日記
マチュピチュ
2021-04-12 15:06:05

2001年02月 マチュピチュ・インカへの旅2/8


あさとの飛行機で行く台湾・タイ・世界遺産と機内食の日記
さてリマで2日目は国内線でクスコに向かいました 朝食をルームサービスにして無駄な時間を省いて空港に向かいました 到着時は夜でしたのでよく見て...
あさとの飛行機で行く台湾・タイ・世界遺産と機内食の日記
マチュピチュ
2021-04-12 14:46:05

2001年02月 マチュピチュ・インカへの旅1/8


あさとの飛行機で行く台湾・タイ・世界遺産と機内食の日記
私の海外渡航は20世紀 1988年に始まりました この時に学生時代の友人と初めて行ったのが台湾でした 私は英語 友人は中国語が少しわかる感じで...
あさとの飛行機で行く台湾・タイ・世界遺産と機内食の日記
マチュピチュ
2021-04-12 14:26:03

チャトラパティ・シヴァージー・ターミナス駅 - インド世界遺産 写真集


ネットで漂流 宝島さがし
インド国内の鉄道網の起点となった歴史的な駅が西海岸に面するムンバイにあります。英国人の設計でゴシック様式と従来のインド様式を採用した重厚な造...
ネットで漂流 宝島さがし
世界遺産
2021-04-10 14:40:11

屋久杉だけでなく、川でも遊んだ?!ヤクスギランドガイドツアーin屋久島


屋久島エコツアーガイドのブログ by 屋久島自然学校
春休みに大分県から来られたSさん達(親子二家族)と屋久島ヤクスギランドの一日ガイドツアーに行ってきました。 ランドという名前から誤解されがちで...
屋久島エコツアーガイドのブログ by 屋久島自然学校
屋久島
2021-04-10 00:23:07
;