古都奈良・修学旅行と世界遺産の街(その562)の詳細

古都奈良・修学旅行と世界遺産の街(その562)
奈良
ページの情報
記事タイトル 古都奈良・修学旅行と世界遺産の街(その562)
概要

渡来人が彼の地の政権争いに敗れた人たちである事は容易に想像がつく。現代ならば与党から野党に替わるだけだが、当時は前政権の支配者は命も危なかったのだ。中国であれば周辺国へ朝鮮半島であれば日本列島へ逃げ込むのは当り前であろう。20世紀のベトナム難民がボートピープルとして日本に亡命して…… more きた事はそれ程過去の事ではない。------ 但し、逃げてくる人達は逃げるための舟を用意したりすることが出来る支配階級とその家来である。その他の民百姓は其の儘彼の地に留まり、次の支配者のために生産活動に従事し年貢を納めるのである。日本の戦国時代でも戦国大名は年貢の徴税権を争っていたようなものである。民百姓にとっては迷惑千万な争いであったろう。農民でも土地を相続できない次男・三男は戦国大名の戦の輜重隊などの荷駄運びに参じて口減らしを図ったのだろう。戦自体も稲の収穫期を避けていたとも云われている。----- 老齢人口が増加するのに対して東南アジアから外国人介護人を受け入れようとしているのだが、これにしても日本語が話せるとか勿論介護スキルは持っている事と条件を付けている。だから、古代においても誰でもが日本列島に移り住めたかと云えばそうではないだろう。何代も前に渡って行った同族を頼って行くか、其れとも文字が読めるとか文が書けるとか、通訳が出来るとか知的なレベルの高さが必要であったろう。----- 日本の平家の落人にしても山奥に逃げ込んでどのようにして開墾し住み着いたのかとその苦労が偲ばれるが、大陸や半島からの渡来人も最初は同様の苦労を続けたのであろう。簡単に出来あがった耕作に適した沃野を宛がわれる筈もなく、未開の土地で水利の当てもないような原野であったのだろう。まだ明治の北海道開拓ならアイヌ人を追い出して勝手に土地を取り上げて最初の北海道開拓民は良い土地を手当てされたに違いない。後になると当然にして開墾の難しい奥地の原野になって行ったようだ。------ 日本史で渡来人の文化レベルの高い事が当たり前のように説明されるのだが、文化レベルが高いだけではなくて彼の地の支配者が中心であるのだから、日本列島の小国などは乗っ取られてしまったのだろう。文化レベルが高いとは戦をしても強いのである。インカ帝国が10数人のピサロたちスペイン人に滅ぼされたのと同様のことなのだろう。世界史を見ると大明帝国が60万人程度の満州族に滅ぼされている。モンゴル帝国のジンギスカンにしても一族郎党の数は僅かである。如何にして征服したその地の使える人材を要職に就かせるかと云った支配のノウハウがあったのだろう。------ 日本列島では先住民の縄文人は小国を形成していたと思われるが、何の抵抗も出来ずに渡来系の弥生人の軍門に下ったのだろう。でなければ、北へ南へ逃げるしか生き延びる道は無かったに違いない。----- 奈良県では橿原考古学研究所が県内の遺跡の発掘をしてきたその累積から、高度な文化レベルを持った渡来人の遺跡跡からはオンドルなどの遺構も発掘しており、大和朝廷がその渡来人の高い文化を吸収して日本列島を統一したと説明されているが、アメリカに移住したヨーロッパ人がインディアンに色々と教えてやって、インディアンが高い文化レベルの国家を形成できるように援助してあげたかと云うと全くその気配は無い。同様に考えれば日本列島にずっと以前に渡来して住み着いていた人達は新たな高い文化を携えた新しい渡来人の足下に平伏すしかなかったに違いなかろう。このように明快な歴史認識を示す必要が、インバウンドで稼ぐと云って観光立県を目指している奈良県には特に重要であるのだろう。 close

古都奈良・修学旅行と世界遺産の街(その562)
サイト名 奈良
タグ 世界遺産 古都奈良
投稿日時 2018-03-09 14:20:02

「古都奈良・修学旅行と世界遺産の街(その562)」関連ページ一覧

新着記事一覧

アンコールワットとバンテアスレアとベンメリア遺跡&ロリュオス遺跡群


カンボジア現地ガイド ダーのブログ
こんにちは。カンボジアと世界遺産 アンコールワットへようこそ。アンコールワットについて、どこへ旅行しますか。カンボジア現地ガイドダーにとして...
カンボジア現地ガイド ダーのブログ
アンコール
2018-12-16 14:20:01

中国世界遺産・桂林紀行 その6 漓江クルーズ -4


>>>牡羊座の独り言 Part2<<<
 世界遺産・桂林の漓江の発着場・竹江を出航したクルーズ船の旅、続いています。変化に富んだ桂林の山並み、似たような景色が続きますが、一つとして...
>>>牡羊座の独り言 Part2<<<
世界遺産
2018-12-16 06:20:02

中国世界遺産・桂林紀行 その5 漓江クルーズ -3


>>>牡羊座の独り言 Part2<<<
 世界遺産・桂林の漓江の発着場・竹江を出航したクルーズ船の旅が続いています。30分経過したあたりから水際から垂直に立ち上がった険しい岩山が多く...
>>>牡羊座の独り言 Part2<<<
世界遺産
2018-12-16 06:00:02

中国世界遺産・桂林紀行 その4 漓江クルーズ -2


>>>牡羊座の独り言 Part2<<<
 小雨がぱらつく中、世界遺産・桂林の漓江の発着場・竹江を出航したクルーズ船は連なりながら川を下っていきました。進行方向の前方には既に薄っすら...
>>>牡羊座の独り言 Part2<<<
世界遺産
2018-12-16 05:40:02

中国世界遺産・桂林紀行 その3 漓江クルーズ-1


>>>牡羊座の独り言 Part2<<<
 中国・広州南駅からの高速鉄道(新幹線)で到着した桂林北駅を出るとツアーバスはホテルへ直行。午後11時30分頃の到着でした。翌朝、朝食後、8時...
>>>牡羊座の独り言 Part2<<<
世界遺産
2018-12-16 05:20:03

中国世界遺産・桂林紀行 その2 高速鉄道(新幹線)で広州から桂林へ


>>>牡羊座の独り言 Part2<<<
 ツアー一行は広州空港から高速鉄道(新幹線)の駅(広州南駅)に行く途中、空港のそばの中国料理店に立ち寄り夕食を取りました。その様子は別途紹介...
>>>牡羊座の独り言 Part2<<<
世界遺産
2018-12-16 05:00:05

中国世界遺産・桂林紀行 その1 広州の木綿花がお出迎え


>>>牡羊座の独り言 Part2<<<
 暫く国内の旬の記事を優先していたので海外旅行の記事が遅れ遅れになっていました。現地からの速報でダイジェスト的に紹介していました中国・世界遺...
>>>牡羊座の独り言 Part2<<<
世界遺産
2018-12-16 04:40:02

イタリア旅「旅の目的は美食?!のフィレンツェ滞在」 - 暮らすように旅したい ariruariru


海外旅行
2015年8月   この夏は何度目かのイタリア・フィレンツェへ。 何度かホームステイをして長く滞在したフィレンツェ、 今回は友人との2人旅だ。   arirua...
海外旅行
フィレンツェ
2018-12-16 00:29:02

【スペイン】ガウディが作り上げた世界遺産・グエル公園。自然と芸術の調和を楽しむ! - ヨーロッパ旅行記(とその他諸々)


海外旅行
4/29の朝は、ピカソ美術館やサンタ・カテリナ市場にも出かけたのですが、メインは午後からのグエル公園。 タイトルにも書いた通り、ここもガウディが...
海外旅行
世界遺産
2018-12-16 00:20:01

#アンコールワット日本語ガイドトム(595)#アンコールワットの外堀について


アンコールワット日本語ガイドブンラットのブログ/アンコールワット現地ツアー
アンコールワットのお外堀アンコールワットのお外堀アンコールワットのお外堀=================http://angkorguide07.jimdofree.comhttp://bunrath.qc...
アンコールワット日本語ガイドブンラットのブログ/アンコールワット現地ツアー
アンコール
2018-12-16 00:20:00

【カンボジア】2日目(その1) タイとの国境線上の世界遺産 プリア・ヴィヘアへ


seiの弾丸 海外一人旅blog
5時半に起床。昨日の強行軍の疲れが残っている身体ですが、今日は楽しみな日程。ツアーに参加して、タイ国境近くのプリア・ヴィヘアをはじめとして、...
seiの弾丸 海外一人旅blog
世界遺産
2018-12-15 14:40:02
;