ヴェネツィアのサンタルチアに会いに - 美術と歴史の旅にでかけるの詳細

ヴェネツィアのサンタルチアに会いに - 美術と歴史の旅にでかける
海外旅行
ページの情報
記事タイトル ヴェネツィアのサンタルチアに会いに - 美術と歴史の旅にでかける
概要

ヴェネツィアの玄関口、唯一の列車の発着口である駅にはサンタルチアという名前がついている。本来であれば南イタリアの聖人であるサンタルチア。なぜ彼女の名前がここヴェネツィア地で使われているのか。 結論は単純で、戦いの戦利品として奪い持ってきた彼女のミイラを今も返すことなくこの地に眠ら…… more せているというよくある話なのだが、彼女の今いる場所がなんともスッキリしない。 サン・ジェレミア教会 サンタルチアのミイラを間近で見ることができる 初めは現サンタルチア駅のあたりに建っていた教会に彼女は眠らされていた。しかし駅の建設が決まってからは静かに他の場所へと移され、今はサン・ジェレミア教会という駅から徒歩10分弱あたりのところに彼女はいる。場所だけを見れば駅のすぐちかく、観光客も多い大きな通り。ただ彼女がそこにいることを記すものはとても少なく、彼女に会いに来る人も多くはない。そこにいることに気がつかれず、まるで隠しているかのようである。 実際隠しているのも事実で、シラクサ(元々の彼女のいるべき場所)は彼女の返却の要請を出し続けている。それを受け流し続けるからこそ、後ろめたく公に彼女の存在をアピールできない。本来であれば街の象徴ともなり得るほどの人気のある聖人だ。それだけでその地を訪れる人もいるほどに。ただヴェネツィアでは、彼女の存在を示すのは教会前の広場の地面の文字と入り口にかかる小さな肖像画。そして運河に向けたさりげなく建物に刻まれた文字だけである。観光ブックにすらなかなか載ることはない。公にもされずどこか寂しげでひんやりとしたこの場所が、サンタルチアをどこか悲しげに演出しているのだが、私は実は彼女が少し羨ましい。 この地にはヴェネツィア病と言われるほどの誰をも虜にする力がある。余生も死ぬ時も死んでからもここに永住できたらと、そんな気持ちに取り憑かれてしまうのだ。彼女は今そんな憧れのヴェネツィアの地に静かに眠る。それはシラクサへ帰る途中、人々を癒す前の少しのバカンスなのかもしれない、と思えば束の間の素敵な時間にも感じる。いつかシラクサに戻る時までゆったりと穏やかなヴェネツィアを楽しんでほしいと思う。 サンタルチアとは聖ルチアのことで、シチリアのシラクサで303年12月13日に殉教した女性の聖人である。 元はシラクサの高貴な家に生まれ、婚約もしている。彼女の人生を変えたのは母の病気の治癒のために訪れたシチリア島のカターニアにある聖アガタの墓でのこと。母と同じ病の治癒の奇跡を聞き、また幻の中に聖アガタが現れるのを見る。そして母が癒されること、ルチア自身が殉教することを告げられた。シラクサに戻ると全財産を売り貧しい人のために施したが、それに怒った婚約者からの告発により、捕まり拷問を受けることとなる。結局どんな拷問でも彼女を動かすことはできず、その場で喉を刺されて殉教した。そのことから喉の病の治癒を叶う聖人とされる。また彼女のトレードマークであるトレイの上の二つの目は、自ら目を取り出したのちに天使によりまた瞼の中へ戻されたことに由来する。そのため、失った光もまた取り戻すことができる 希望のシンボルとしても知られている。  ------------------------------------------------------------------ サン・ジェレミア教会Campo San Geremia, 334, 30121 Venezia VE, イタリア goo.gl close

ヴェネツィアのサンタルチアに会いに - 美術と歴史の旅にでかける
サイト名 海外旅行
タグ ベネチア
投稿日時 2018-10-09 14:17:02

「ヴェネツィアのサンタルチアに会いに - 美術と歴史の旅にでかける」関連ページ一覧

新着記事一覧

アンコールワットとバンテアスレアとベンメリア遺跡&ロリュオス遺跡群


カンボジア現地ガイド ダーのブログ
こんにちは。カンボジアと世界遺産 アンコールワットへようこそ。アンコールワットについて、どこへ旅行しますか。カンボジア現地ガイドダーにとして...
カンボジア現地ガイド ダーのブログ
アンコール
2018-12-16 14:20:01

中国世界遺産・桂林紀行 その6 漓江クルーズ -4


>>>牡羊座の独り言 Part2<<<
 世界遺産・桂林の漓江の発着場・竹江を出航したクルーズ船の旅、続いています。変化に富んだ桂林の山並み、似たような景色が続きますが、一つとして...
>>>牡羊座の独り言 Part2<<<
世界遺産
2018-12-16 06:20:02

中国世界遺産・桂林紀行 その5 漓江クルーズ -3


>>>牡羊座の独り言 Part2<<<
 世界遺産・桂林の漓江の発着場・竹江を出航したクルーズ船の旅が続いています。30分経過したあたりから水際から垂直に立ち上がった険しい岩山が多く...
>>>牡羊座の独り言 Part2<<<
世界遺産
2018-12-16 06:00:02

中国世界遺産・桂林紀行 その4 漓江クルーズ -2


>>>牡羊座の独り言 Part2<<<
 小雨がぱらつく中、世界遺産・桂林の漓江の発着場・竹江を出航したクルーズ船は連なりながら川を下っていきました。進行方向の前方には既に薄っすら...
>>>牡羊座の独り言 Part2<<<
世界遺産
2018-12-16 05:40:02

中国世界遺産・桂林紀行 その3 漓江クルーズ-1


>>>牡羊座の独り言 Part2<<<
 中国・広州南駅からの高速鉄道(新幹線)で到着した桂林北駅を出るとツアーバスはホテルへ直行。午後11時30分頃の到着でした。翌朝、朝食後、8時...
>>>牡羊座の独り言 Part2<<<
世界遺産
2018-12-16 05:20:03

中国世界遺産・桂林紀行 その2 高速鉄道(新幹線)で広州から桂林へ


>>>牡羊座の独り言 Part2<<<
 ツアー一行は広州空港から高速鉄道(新幹線)の駅(広州南駅)に行く途中、空港のそばの中国料理店に立ち寄り夕食を取りました。その様子は別途紹介...
>>>牡羊座の独り言 Part2<<<
世界遺産
2018-12-16 05:00:05

中国世界遺産・桂林紀行 その1 広州の木綿花がお出迎え


>>>牡羊座の独り言 Part2<<<
 暫く国内の旬の記事を優先していたので海外旅行の記事が遅れ遅れになっていました。現地からの速報でダイジェスト的に紹介していました中国・世界遺...
>>>牡羊座の独り言 Part2<<<
世界遺産
2018-12-16 04:40:02

イタリア旅「旅の目的は美食?!のフィレンツェ滞在」 - 暮らすように旅したい ariruariru


海外旅行
2015年8月   この夏は何度目かのイタリア・フィレンツェへ。 何度かホームステイをして長く滞在したフィレンツェ、 今回は友人との2人旅だ。   arirua...
海外旅行
フィレンツェ
2018-12-16 00:29:02

【スペイン】ガウディが作り上げた世界遺産・グエル公園。自然と芸術の調和を楽しむ! - ヨーロッパ旅行記(とその他諸々)


海外旅行
4/29の朝は、ピカソ美術館やサンタ・カテリナ市場にも出かけたのですが、メインは午後からのグエル公園。 タイトルにも書いた通り、ここもガウディが...
海外旅行
世界遺産
2018-12-16 00:20:01

#アンコールワット日本語ガイドトム(595)#アンコールワットの外堀について


アンコールワット日本語ガイドブンラットのブログ/アンコールワット現地ツアー
アンコールワットのお外堀アンコールワットのお外堀アンコールワットのお外堀=================http://angkorguide07.jimdofree.comhttp://bunrath.qc...
アンコールワット日本語ガイドブンラットのブログ/アンコールワット現地ツアー
アンコール
2018-12-16 00:20:00

【カンボジア】2日目(その1) タイとの国境線上の世界遺産 プリア・ヴィヘアへ


seiの弾丸 海外一人旅blog
5時半に起床。昨日の強行軍の疲れが残っている身体ですが、今日は楽しみな日程。ツアーに参加して、タイ国境近くのプリア・ヴィヘアをはじめとして、...
seiの弾丸 海外一人旅blog
世界遺産
2018-12-15 14:40:02
;